« 2007新語・流行語大賞のノミネート語(答え合わせ) | トップページ | 近況報告 »

2009/03/20

ウィキ、USB、ポン酢

ネット上で時々巻き起こる議論のひとつに「ウィキペディアをウィキと略すのはアリかナシか」という話題があります。状況としては、一般利用者は「ウィキ」と略することに寛容で(というかそんな問題があることも知らないまま過ごし)、ネット技術に詳しい人が「そんな省略法はあり得ないので、けしからん」と主張しているわけです。

まぁ個人的には「アリでもナシでも、個々人が勝手に決めればいいんじゃないか」と思うのですが、白黒をハッキリさせたい人も多いようですね。

ネット技術に詳しい人が怒るのには、立派な理由があります。そもそもウィキペディアというサイト名には「ウィキという文書管理システムを用いた百科事典(エンサイクロペディア)」という意味があるからです。だからネット技術に詳しい人にとって、ウィキペディアをウィキと略すことは、USBメモリーをUSBと略すことと同じぐらい変なことなのです。

一方、ウィキが技術名であることを知る一般利用者は、そんなに多くありません。そこでこんな不幸が起こってしまうのでしょう。

実はこのような不幸が、他の分野にもあります。鍋料理を食べるときに出てくる「ポン酢醤油」がそうです。私たちは、あの黒い液体をよく「ポン酢」と略して呼びますが、あれは厳密に言えば「ポン酢醤油」と呼ぶべき液体です。

そもそもポン酢は、オランダ語のponsなどを語源にした外来語(なんと酢は当て字)。元々は柑橘類の絞り汁のことを指します。そして、そのポン酢を加えた醤油のことを、ポン酢醤油と呼んでいます。なので厳密に言えば、ポン酢醤油をポン酢と略することは、USBメモリーをUSBと略すことと同じぐらい変なことなんですね。

でも「ポン酢=あの黒い液体」という解釈は、現在、ほとんどの国語辞典が採用しています(念のために付記すると、辞典に載っている言葉が正しいという意味ではなく、多くの辞書がそのように編集するぐらい一般化しているという意味です)。ポン酢に他の有力な利用方法があれば、このような不幸も起こらなかったのでしょうが、なんとなく日本語の中でそういう流れが定着しちゃったようですね。

なので、私は「ウィキが略語としてアリでもナシでも、個々人が勝手に決めればいいんじゃないか」と考えていたりします。

p.s.

もうひとつのブログを始めました。興味のある方はどうぞ。

p.p.s.

本文とは無関係ですが、気分に変化があったので、今後しばらく「ですます体」で書いてみることにします。

« 2007新語・流行語大賞のノミネート語(答え合わせ) | トップページ | 近況報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39772/44410244

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキ、USB、ポン酢:

« 2007新語・流行語大賞のノミネート語(答え合わせ) | トップページ | 近況報告 »