« 【駄文】買収、合併、統合後の企業名 | トップページ | 【予想】2007新語・流行語大賞のノミネート語の予想 »

2007/09/12

【コラム】KY

政治評論の場で、一時「KY」という言葉が流行った。安倍首相の「空気の読めない」行動を指した言葉だった。KYは若者言葉で「空気を読めない」「空気を読め」を指す。意外な分野で手垢がついた「KY」という表現。そろそろ若者の間では、使うと格好悪い雰囲気も出来ているかも知れない。

その手垢の原因を作った安倍首相が、辞意を明らかにした。参院選で惨敗したタイミングでなく、臨時国会の所信表明演説を行った今のタイミングで辞意を表明したのだ。なるほど彼は、空気が読めていない。

ただ私はひとつの仮説を持っている。彼は空気を読もうと「しすぎて」自我を崩壊させたのではないかと。「空気を作る」にしろ「読む」にしろ、その空気に積極的に関わろうとするには、強い自我が必要だ。自我が弱い人は「空気に染まる」しかない。だが一国の首相が「空気に染まる」ことは許されない。彼は弱い自我のまま、空気(国内世論・国際世論・政局など)を読もうとしすぎて、自分を見失ったのではないかと。

おそらく今後、一部のマスコミで「自分探しを続けている中田英寿」や「モンゴルで解離性障害の治療を続ける朝青龍」辺りと串刺しにして、彼の言動を論ずる記事が登場するはずだ(民主党代表辞任後に八十八カ所巡りを行った菅直人も登場するかもしれない)。そして、その背景として「彼らに相談相手がいなかったこと」、さらには「社会全体で人間関係が希薄化」していることも論じられるかもしれぬ。……いや、自我を保つには、社会の方が複雑化しすぎているという見方もあるか。色々と考えさせられる辞任劇だ。

« 【駄文】買収、合併、統合後の企業名 | トップページ | 【予想】2007新語・流行語大賞のノミネート語の予想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39772/16424566

この記事へのトラックバック一覧です: 【コラム】KY:

« 【駄文】買収、合併、統合後の企業名 | トップページ | 【予想】2007新語・流行語大賞のノミネート語の予想 »